大阪急性期・総合医療センターに「生殖医療センター」がオープン



10月1日、大阪急性期・総合医療センターに「生殖医療センター」がオープンします。
開院前に施設見学と意見交換をさせていただきました。
不妊の相談・治療から出産まで、転院することなく、トータルでサポートできる体制が整うとともに、がんなど他の病気の治療と妊娠を希望される方へのケア(妊孕性の温存治療)にも取り組まれるとのこと。
昨年9月の一般質問で不妊治療や妊孕性の温存について議論させていただきましたが、ワンストップの素晴らしい施設が誕生しました。
このような施設は大阪の公的な病院では阪大病院しかなかったので、大阪南部地域の拠点となっていただくことを期待しています!