府内の危険ドラッグ店が0(ゼロ)に!

image
最大73店舗あった大阪府内の危険ドラッグ店がH27年3月末時点でいよいよゼロになりました。
3年前の議会で訴えて以来、様々な対策を提案し実現してまいりましたが、ようやく店舗を排除することができ本当に良かったです。
これにより、危険ドラッグの危険性を知らない青少年などが安易に購入できる状況はなくなりましたが、依然、危険ドラッグは、インターネット等を通じて販売されているなど、販売が潜在化している状況も見受けられます。今後も真の撲滅に向け全力で取り組みます。