府議会5月定例会報告②

①に続き、府議会定例会最終日の報告を...
②自民党提案の府情報公開条例を一部改正について
この提案は、府知事が任命する「特別顧問・特別参与」の活動が、高額な報酬が支払われているにも関わらず、一部不透明な部分になっているのではとの指摘があったので、他の審議会に参加いただいている外部有識者と同程度に府民への情報公開をするという内容です。
 委員会などで議論を深め、公明も自民提案に賛同。維新の会は反対を表明。記名投票の結果、54対50で自民案の情報公開条例改正が議決されました。
しかし、知事がこの議会の議決に「再議権(拒否権のようなもの)」を発動。再度可決するには2/3以上の賛成が必要となるので、松井知事・維新の会が否決に追い込み、結局廃案になりました。
 松井知事や維新の会は、いつも「会議のフルオープン」や「最後は多数決」といっているのにこのありさま。府民に説明責任を果たせ!と公明党を代表し、中村府議が怒りを込めて、知事の姿勢をただしました。
③へ続く

image (69)

image (68)

image (67)