モットー:
誠実と行動の人たれ
好きな言葉:
「希望こそ私の秘密兵器」(ノーマン・カズンズ)
家族:
妻と2人暮らし
趣味:
観劇・ジョギング
心に残る一書:
「三国志」
血液型:
A型

「行動」の青年〜震災から学び、行動した大学時代〜

東住吉区で生まれ、3歳から八尾に。6年前から平野区へ。庶民のまち大阪で育った。
阪神大震災直後に、神戸大学に入学。神戸の惨状に、「自分も何かお役に立ちたい」とボランティア活動等にも参加した。
在学中に、「神戸大学震災復興NET」を創設。教授や学生に震災に関するアンケートを実施し、約1,000人と対話を行った。
それらの声をもとに、「震災を忘れない」をテーマにした、数多くのシンポジウム等を開催。活動が新聞各紙に掲載されるなど、多くの反響が寄せられた。
また、震災時の政治の不甲斐なさに激しい怒りを感じ、「青年が政治を監視せねば」と、政治に強い関心を抱くようになった。

「志」を胸に戦う青年〜”伝統の1議席”の戦いで自身を磨く〜

更なる転機は、大学4年生の時に。参院選山下栄一候補の候補付(候補に同行・サポートする役割)をすることに。
「昭和31年以来の“伝統の1議席”の戦いを最前線で学びたい」と、2か月間、大阪中を走りまわった。大阪各地で、支持者の必死のご支援を目の当たりにし、「何としてもお応えしたい」と勝利にむけて奮闘した。
山下大勝利 ― 。これらの貴重な体験を経て、「政治の分野で活躍できる人材に成長し、人々のお役に立ちたい」と志を定めた。

前参議院議員山下栄一氏

一貫して常勝関西を牽引してきた平野区を代表して、混迷深める大阪府議会の議員候補として、
満を持して躍り出た藤村まさたかさんに衷心より応援のエールを送ります。
学生時代、阪神大震災時のボランティア活動、参議院大阪選挙区選挙の候補付の活動を通して人に尽くす生き方の貴さを学び、体に焼き付けた藤村さんの人格力は本物です。
庶民を守り抜く真の政治家を大阪庶民は渇望しています。
藤村さんこそ、その理想に叶う即戦力の青年候補です。
庶民の党・公明党の使命を実現せよとの平野の同志の思いを我が思いとする藤村さんへの力強いご支援をどうぞよろしくお願いします。

「実現力」を供えた青年〜現場の声を政策に実現するために奮闘〜

大学卒業後、一般企業勤務を経て、平成15年「公明党大阪市会議員団事務局」に勤務。主に、政策立案等で議員のサポート役として活躍。
また、働きながら、大阪市立大学院でも地方行政等を学び、政策力を養った。
大阪市会では、子どもの医療費助成の拡充等の子育て施策。乳がん・子宮頸がん検診の充実等の女性の健康施策。
大阪市緊急経済・雇用対策の策定等、施策の実現に大きく貢献した。
また、障がいのある子を持つ親たちが設立した、「障がいのある子の未来を考える会」との長年にわたる交流を通じ、発達障がい者(児)施策の充実に努める等、現場からの政策づくりも尽力してきた。

障がいのある子の未来を考える会 代表広崎美輪さん

藤村さんが公認されたと聞いた時、思わず親の会のメンバーから拍手が沸き上がりました。
発達障がいの事をいつも一緒に学んで頂き、その上、書類作成から写真撮影に至るまで
本当にお世話になりました。
子ども達の未来の為に奮闘し活躍されることを心から願っています!

平野の新たな歴史を切り開く!

大学キャンパスで、大阪市会で鍛え上げた、「行動力」と「実現力」をいよいよ平野で発揮するために、戦いの最前線に躍り出た。
「平野区の“ひと・まち・暮らし”が、未来にわたって、さらに安心で元気になるよう、誠実に勇敢に戦います!」と藤村は力強く誓う。

参議院議員石川博崇氏

新しい青年の力、藤村まさたかさんは、大阪府そして平野区の活力を築く希望の星です。
これまで公明党大阪市会議員団と一体となり、長年にわたって、多くの市民の皆様から、現場の声を聞いてきました。
今の大阪には藤村さんの力が必要です。
私も藤村さんと一緒に、大阪の元気を築いてまいります。皆様の応援をよろしくお願いいたします。